スケジュールの考え方

空き時間を作っておこう

休憩時間を決めよう

ずっと仕事をしていると身体が疲れます。
疲れた身体で作業を進めていても、次第に効率が悪くなるのでおすすめできません。
疲れたと思ったら、その時点で休む意識を持ってください。
大体自分が、どのくらい仕事をすれば疲れるのか知っておきましょう。
するとスケジュールを考える時に、休憩時間を設定しやすくなります。

一般的に、1週間に1度くらいの休憩を入れるといつまでも元気に仕事ができると言われています。
自分の身体のことをよく分かっていない人は、それを参考にしてください。
休憩時間の時は、仕事のことを忘れて身体を休ませることが大切です。
1日ぐらい休んでも仕事に影響は出ないので、次も頑張れるようにゆっくり体力を回復させましょう。

予備の日があると便利

本来、休憩時間は身体を休ませるために作る日です。
ですが、どうしてもスケジュール通りに作業が進まなくて、締め切りを破ってしまう危険性がある時はその日も作業をしてください。
予備の日と考えると、気持ちが楽になります。
ですがあくまでも緊急事態の時に使う日なので、なるべく休憩するように心がけてください。

仕事がスムーズに進んでいれば、休憩時間の時に新しい仕事のことを調べても良いでしょう。
少し調べるくらいなら身体に負担を与えませんし。気分転換にもなります。
新しい仕事に希望を持っていれば、今の仕事をさらに頑張れるかもしれません。
スケジュールを考えて計画的に進めていれば、空き時間がたくさんできるので自由に使える時間が増えます。